CORED室町テラスに行ってきました

スポンサーリンク
東京
スポンサーリンク

東京に行く機会があったので、2019年9月末にオープンしたCORED室町テラスに行ってきました。

正直、東京に久しぶりに来たからといって行きたいところもなく(完全にここ数年でキラキラした何かを失っている気がする・・・)、暇つぶしに行った感じです。

地方に住んでいる人目線で書いていきますw

スポンサーリンク

CORED室町テラスとは・・・

まず、このエリアに、CORED室町1・2・3という商業施設がはいったビル群があり、2019年9月末に新たに4つ目としての商業施設「CORED室町テラス」ができています。

ちなみに1・2・3は隣接していますが、CORED室町テラスは少し場所が離れているので、お気をつけください。

この建物自体は、日本橋室町三井タワーで、地下1階ー2階までが商業施設「コレド室町テラス」となります。

日本橋室町三井タワー自体は、オフィスエリア、ホール&カンファレンスエリア、駐車場があります。

アクセス方法は?

電車で行かれる方がほとんどだと思いますが、
・東京メトロ半蔵門線・銀座線「三越前」駅直結(A4番出口)
・JR総武線快速「新日本橋」駅直結

と、駅直結でとっても便利です。寒くないし雨でも濡れない。

早速階ごとに見ていきましょう。

大注目の2階フロア: 誠品生活日本橋とは?

誠品生活日本橋は、台湾発の大型複合セレクトショップです。ここ室町テラスのショップが日本一号店ということで、ずいぶんと話題になっていましたよね。

ワンフロアが4つのテーマで構成されています。

誠品書店(書籍)

メインとなるのは、なんと本屋さん。

代官山「蔦谷書店」がモデルにしたともいわれる、「誠品書店(せいひんしょてん)」が大きく売り場をとっています。

セレクトショップ・ワークショップ

日本発上陸のショップ・ブランドが多数入っていました。

あまり興味なかったので、スルーしましたが、感度の高い女性は絶対に好きなはず。

・香水ブランド

・漢方コスメ

・モノづくりが体験できるワークショップ

等々、台湾や日本でセレクトされたものがたくさん置いてあったり、体験できたりします。

レストラン・食

台湾で人気の名店や、ティースタンドもありました。

・ 台湾料理「富錦樹台菜香檳(フージンツリー)」

シャンパンと楽しむ創作台湾料理がテーマらしく、行ってないのですが、10:30くらいにはもう結構人が並んでいました。人気のお店のようです!

・台湾ティーサロン「王德傳(ワンダーチュアン)」

・タピオカミルクティー「ジ アレイ」

・猿田彦珈琲

誠品生活とコラボのお店らしいです。天井に小説の名言?が出るような仕掛けがしてありました。

台湾・日本のセレクトした食材・調味料・キッチン雑貨などが置いてあるエリアもありました。

文具

ここはどちらかというと台湾というよりは、世界のいいものを集めてきたという感じ。

私の好きなイメージリパブリックのポスターもあり、テンションあがりました。

1階フロア:日本各地のイイモノが勢ぞろい!

1階には日本各地から選び抜かれたカフェ・お土産・レストランや伝統工芸品などのショップが勢ぞろいしています。

感度の高い手土産やプレゼントが置いてあるので、シーンによって使えそうですね!

だしいなり海木

福岡で非常に人気のお店で、「だしいなり」専門店です。

全然並んでないからあとで買いにこよう!と思って、後回しにしており、お店にいったら、昼前くらいで、「受け取りは18:00以降です」の札が・・・。

みんなあさイチ並んで買いに来てたのね、くそーと買えずじまいでした。

AURORA Burger

肉屋が素材にこだわったパティを、熱々の鉄板でジューシーに焼き上げたハンバーガー専門店「AURORA Burger(オーロラ バーガー)」と説明書きに書いてあったので、行ってみました。

肉厚ジューシーでとっても美味しかったです。昼くらいに行ったけどわりとすいてました。

他にも人気のパン屋さん、ハーブティー専門店など様々なお店がありましたよー。

地下1階:いろんなジャンルの美味しいお店が集結!

地下一階(駅直結エリア)は、いろんなジャンルの飲食店が並びます。

みんな大好きスターバックスをはじめ、

・カスタムサラダ専門店の「CRISP SALAD WORKS」

・エスニック料理の「spice today」

・居酒屋「大金星」

などなどカジュアルなお店や、ちょっと寄って帰れる飲食店がありました。

都内在住であれば、駅直結なので、気軽に普段使いできそうですね。

地域コンテンツってこんな需要あるんや・・・

CORED室町テラスを今回はご紹介してきましたが、COREDの他の商業施設に足を運んだ時にも感じた「地域・地方コンテンツ」の多さ。

高価格帯で、購入してもらえている地域コンテンツをみると、うれしい気持ちになるのと同時に、もっと自分たちの身近にあるコンテンツに付加価値をつける、きちんとブランディングをするとよい商品になっていくのかなーと考えさせられました。

東京に住む人たちは良いものを正しい価格(または若干高い価格でも)で買おうとしているのだなあと強く感じました。(逆に言うと、地方にずっといると、身近にありすぎて、ありがたみがわからないのだなとも思いました)

暇つぶしとはいえ、勉強になりました。

コレド室町テラス、思ったより混んでなかったので、ゆっくりデートに行きたい方など、良いかもしれませんね!(大人の街だし静かだよ)

コレド室町
コレド室町(三越前)。日本橋の歴史が宿る老舗店舗から、人気店の新業態など新しさを取り入れた店舗までが揃う。5~6階の「日本橋三井ホール」は日本橋地域最大級の多目的ホール。

コメント

タイトルとURLをコピーしました