東京ミッドタウン日比谷の本屋さん奥にある居酒屋がよかった件について

スポンサーリンク
東京
スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京ミッドタウン日比谷

2018年3月末に、東京・日比谷にオープンした商業施設「東京ミッドタウン日比谷」。映画館、商業施設、オフィスガーデンなどで構成される大型複合施設です。

東京メトロ千代田線・日比谷線の日比谷駅から地下通路直結でアクセスでき、JR有楽町駅からも徒歩数分で比較的便利な場所にあります。

クリスマス前の時期だったので、イルミネーションがすごい!

良い雰囲気のカップル多め!しかもちょっと年齢層は高め!

お腹がすいたので、ここで食べていこうかーという話になったのですが、レストラン(バー・カフェなどを含む)はなななんと、およそ42件。

これじゃ選べないよ・・・。

しかもなんか場所的にもそうだし、大人っぽい、敷居が高いカチッとした飲食店が多いんじゃないのー?という話をしていると、友人より、「東京ミッドタウン日比谷の本屋さんの中になんかいい感じの居酒屋があるよ」との情報を受け、早速行ってみることに。

ん?本屋さんの中?

本屋さんかとおもったら、奥に街が出現した

3階に向かうと、まず本屋さん?が見える。その奥に、え?街?

理容店??

さらに奥にすすんでいくと、大衆居酒屋っぽい広いお店が!

こんなおしゃれな建物のなかに、下町っぽいお店が・・・!と衝撃を受けました。

後で調べてみると、ここは、 「HIBIYA CENTRAL MARKET」というのだとか。

HIBIYA CENTRAL MARKET
HIBIYA CENTRAL MARKET(ヒビヤ セントラル マーケット)はクリエイティブディレクター南貴之と書店の有隣堂が出会って生まれた、どこの国とも時代ともつかない、小さな街のような複合型店舗です。世界中で拾い集めた「市場」「街角」「路地」の記憶を237坪のフロアで表現します。

居酒屋・本屋さん・理容店・眼鏡屋・コーヒースタンド・アパレル(セレクトショップ)など、7つのショップが一体となった街のようです。

the大人の遊び場!って感じが半端ない!

しかし、我々、21:00以降に入店したので、居酒屋さん以外のお店が閉店していて、残念ながら楽しめず・・。

次回はここでゆっくりしたいと思います。(きっと永遠に遊べる)

居酒屋「一角」

席数は100席以上。この日もたいへん賑わっており、少し待って、カウンター席へ。

View this post on Instagram

izakaya #一角 #日比谷 #東京ミッドタウン日比谷

A post shared by anzu (@anzulifestyle) on

メニューもすごく親しみやすい居酒屋メニューばかり。イイね。

唐揚げが人気とのことで早速、頼んでみました。

めっちゃおおいしいーーーー!カリカリでジューシーでうますぎる。

他にも「ミカンの白和え」とか「ポテサラ」とか「ハムカツ」とか「タコさんウィンナー」とか、日比谷の商業ビルとは思えない、ザ・カジュアルメニューをオーダーしました。

私はお酒飲めないけど、ハイボールと唐揚げはうまいだろーなーと横目に見ていましたよと。

〆はそばを食べている人が多かったです。有名なのですかね。

お腹いっぱいだったので食べなかったけど、次回は食べたい。

カジュアルに使えそうなおみせでした。

仕事終わりに並ぶことなくは入れたら、一杯ひっかけて帰るみたいなことができそうなお店です。

私の会社の支社が近くにあるので、今度出張できたら、支社のメンバーを誘って行ってみようかと思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました